WerckerでPhoenixアプリケーションのCI

※1.6.0にしてフォーマットを追記

WerckerにてPhoenixアプリケーションのCIをするためのwercker.yml。 DBもservicesで追加できるので専用のコンテナを準備する必要がない。

box: shufo/phoenix:1.6.0

services:
  - id: mariadb
    name: mysql
    username: root
    password: ""
    tag: latest
    env:
      MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: "true"

build:
  steps:
    - script:
        name: mix format --check-formatted
        code: mix format --check-formatted

    - script:
        name: mix deps.get
        code: mix deps.get

    - script:
        name: mix test
        code: mix test

ほんとはbrunchのビルドもしたかったのだがこのboxだとnpmコマンドが見つからない。 自分で作っているboxを使えば良いのだが、面倒だったのでとりあえずelixir側だけにした。