一人もくもく会 α verでサービス開始しました。
請求書作成システム α verでサービス開始しました。

PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボード

PICでもシリアル通信がしたいと思い秋月で
PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボードを買った。

とりあえずMicrochip Application librariesのUSB CDCをそのまま試してみることに。
なんかIDEで読み込んで、その後プロジェクトをIDEから外すと
ファイルまで消えてることがあるらしいので
ドキュメントフォルダにコピーして試すことにした。

ただし、他のサンプルやMicrochip Application librariesのフォルダを参照しているので
ただコピーするだけではビルド出来ない。
なのでまず参照設定をみて、メモっておく。次に
cdc_basic/firmware/MPLAB.X/nbproject/configurations.xml
テキストエディタで開き、Microchip Application librariesを参照している箇所を
全部相対パスから絶対パスに置換する。
これでプロジェクトを開けば問題ない感じになっている。

あとはプロジェクト設定で自分の使うICの電源設定など必要なところを変更し、
IDE上部のプルダウンでその設定を変更してビルドして書き込むだけ。

USBをさした後、デバイスマネージャでsampleCDCみたいな
未解決なデバイスが増えているので、
ネット上にあるmchpcdc.infを指定して更新すればOK。

サンプルプログラムだと
teratermで送信すると、自分の送った値+1の値が返ってくる。
例えばAだとBとか。
ソースはapp/app_device_cdc_basci.cの
APP_DeviceCDCBasicDemoTasksというところで行われている。

だいたいこういうのはかなりハマるんだが
あっさりできて拍子抜けだが助かる。